大高の実釣検分!! 〜12/24塩瀬でジギング!


 

こんにちは。秋田マリーナの大高です。

「釣れないコンビ」の出撃や、自身の報告もすっかりご無沙汰の昨今ですが、私も他の社員と同様にジギング頑張っています!

 

12月24日のクリスマスイブ、休日と天候が上手く合いましたので男鹿マリーナから出港し、塩瀬にジギングに行ってきました。

7時半頃釣り場に着き、準備を始め釣り開始は8時頃。船は1.6ノットくらいで流れるので、立てようかどうしようか考えた後、大きいのが1本あればいいからとズボラに流し始めました。

それでも最初は反応も良く、4流しで5匹釣れ、どうなる事かと要らぬ考えが頭をよぎります。PE4号、ジグはブルーピンクの200g。

勘の良い方はもちろんお分かりの通りそこから先はパタッと当たりが止まり、やっと当たりが来たかと思えば途中で外れ、すぐさまジグを落としてやると「何でこんなにラインが出るの?」と思っていたら、根掛かりでジグをロスト。

お昼を過ぎ、今日一番の当たりです。十分に合わせ、途中リールが止まるを繰り返し、あと20m位まで来たときPEがプツリ。

先の根掛かりでPEもだいぶ短くなってきていたのとラインを結ぶのが面倒だったので電動リールごと交換していたのです。

このリールには3号を400m巻いていたのですが、それは2シーズン前の事。今シーズン何事もなく釣っていたのですが、肝心な時に切れるなんて、皆さん日頃のメンテは大事ですね。

なかなかブリクラスが来ないので、「大きいエサに大きな魚が釣れる」の誰かの話を思い出し、PE4号にリーダーを結び直し、自分が持っている最も長いジグを付け最後の勝負。

帰り際に1匹追加で、結果は写真のとおり。

ブリサイズは出ずワラサまでの計8本の釣果でした。

一人でしたので写真は一枚のみです。

 


本格的ジギングを始めたのは今秋からの、「まるっきり初心者大高」ですが、なんとか釣りになっているので、これから始めてみようという方のために、初歩の初歩を少しだけ。

この仕様はワラサからブリサイズを狙う場合ですのであしからず。

・ロッド   200g程度まで大丈夫なジギング用ロッド

・リール   PE3号か4号が300m程度巻けるリール

・ジグ    200gを基本にお好きなバリエーションで

・フック   4/0〜5/0 サイズの物 デカッと思うでしょうが良いんです

・リーダー  80lb(ポンド)

他に小物が少々必要となりますが、絶対にこれといった定番が無いのが釣りですので、各自様々なスタイルがあると思われますが、今回はあくまで私の私的見解です。

 

・釣り方

ジグを投入し、底を取ったらシャクリながら巻き上げる。これだけです。

ゴツゴツとした当たりや、中層でジグが落ちないなどの変化が有ったら併せます。この時大事なのは、「これでもか!」と合わせる事。(笑)

途中で外れる事も有りますから、大きく2、3度合わせてください。

リーダーが太いので滅多な事では切れませんから、「安心してください。」どっかで聞いたセリフだな。

基本的には、体力勝負の釣りです!!

 

・バランス

釣りは何でもそうですがバランスが大事です。何か一つだけ丈夫だったり、大きかったりするとどこかでトラブルが起こります。

皆さんも経験あるでしょう?ドラグ強すぎてライン切れた事。アレッ私だけ?

 

・ジグって意外と消耗品?

最初のうちは結構ジグを無くします。底取りで油断しているとガッチリ引っ掛かります。太い仕掛けに丈夫なフック。だまってあきらめましょう。

リーダーとジグの結束にスナップはお勧めしません。今までサビキが外れた事のない貴方も、高価なジグで初体験かも。やっぱり、「スプリットリング」と言われるものが良いと思います。

スプリットリングばかり大きいのも危険です。ジグの頭のアイ部分が細いと何故かジグだけ抜けていきます。リングの合わせ目が太いので、細いアイが噛みこんでいくようです。

最後にPEとリーダーの結束力不足により、大物が掛かった時にブレイクします。私はFGノットという結び方をしていますが、ネットで勉強して十分練習してください。

 

最後に

・私のように肩が痛かったり、体力に自信が無かったりする方は

 絶対電動ジギングです!!!!

巻き上げはリールがやってくれますので、後はシャクルだけ。強めのドラグ設定に、太仕掛け。

手巻きの方が四苦八苦している時に、あっという間に釣り上ります。4〜50mの水深からだと6kg程度なら2分は掛かりません。それでも引き味は十二分に楽しめます。あまり大きくない電動がおすすめです。


興味のある方はぜひ一度チャレンジしてみて下さい。