金田の実釣検分 〜10/6アオリの時期なのにアオらずにカブラ!・・・の巻


朝晩寒くなりめっきり秋めいてきましたね

「読書の秋」、「スポーツの秋」、「食欲の秋」、皆さんの「〜の秋」はなんですか?

 

私、金田は迷わず思い浮かべる 「イカの秋」

 

こんな前置きをしておきながら今回の釣行記はイカ釣りの記事ではありません。

9月中旬からボート・オカッパリで何度か男鹿にアオリイカを探しに行きましたが

未だに姿すら見れておりません

 

ハイシーズンなのになぜ?
海水温?
産卵・孵化に失敗したの?
何魚かに盛大に捕食されたの?

理由は分かりませんがとにかくイカがいない。

 

じゃあどうしようかと悩んだ結果初めてのタイカブラに挑戦です。

男鹿マリーナを出港し、反応を求めて女川沖〜椿沖〜鵜の崎沖〜と

辿り着いたのは塩瀬沖80mライン

カブラを落とし反応がある底から15m程までを一定のスピードで巻き巻き

数投目の着底から巻き上げ直後に初ヒット!

直後にグングンと強い引きがあったもののすぐにおとなしくなる

以前ジギングで掛かったソイもこんな感じだったな・・・

小さいソイかな?キジハタがいいなぁ・・・

なんて思いつつ水面に姿を現したカブラ初物は35cm程の美人なアマダイ

 

その後同じポイントで同船者にガツンとアタリからのラインブレイク、結びなおした直後に再びガツンと来た魚はどうやらグッドサイズの模様!

グングンと頭を突っ込むような引き、マダイか!?!?

 

 

 

慎重なやり取りの末お見事サイズがネットイン!!

 

ここからしばらく沈黙タイムに入ってしまったので帰路がてらに反応を求めて女川漁礁へ

 

 

一投目でコンッとアタリが!

 

カブラの鉄則、「アタリがあっても定速で巻き続ける」を破り盛大にアワセを入れスカッ

 

二投目でまたもコンッとアタリ!

 

再び鉄則を破り盛大にアワセを入れてスカッ・・・

 

さらに数投後にはガツンと一発ヒット!

 

からの走られてラインブレイク・・・  いい手応えだったのに。。。

 

 

 

この3発の後はアタリもサワリもなくなり沈黙・・・13時過ぎに納竿となりました。

カブラってただ着底から低速で巻くだけだから釣りとして面白味にかけるよなぁ・・・なんて釣行前は心の底では思っていましたがいざやってみるとすごく可能性を感じる楽しい釣りでした(笑) 

 

 

ちなみにマダイは自宅で計測したところ66cmだったそうです。

 フィート表記のメジャーだとよく分からない(笑)