金田の実釣検分 〜12/19今年の竿納め?サビキで根魚釣れれば・・・の巻


 

いやぁ、いい天気ですねぇ

秋田の冬の空といえば「どんより」としたスカッとしない曇り空。

12/19(木)、この日は秋田の冬らしくない気持ちいい晴れっぷり!風は朝から微風、波の予報も1m→1.5m!

これは行けるゾ!!  と......  仕事中なのにね。

 

恐らく今年の釣り納めになるであろう今日はサビキ釣りをチョイス、茶テリやソイやらの根魚狙いで出港です。

11時を回ったあたりで備蓄沖の漁礁を一通り回ってみる、ポツポツと反応があるものの“コレ”といったピンッとくるものがなく、そのまま椿沖まで魚探と睨めっこしながら移動。

こんな反応が出てきたので船を戻してサビキを落とすと

 

流れはやっ!? @_@

あっという間に反応を通り過ぎてしまった。

水深60mにオモリ100号、これでもどんどんラインが流れていく。非常に釣りにくい。

 

それでもなんとか小さなアタリがあり

上げてみると・・・「えっ、金魚?」 と思わず呟くかわいいテリが2匹。

その後繰り返すも針にかかってくるのは金魚ばかり、水面まで上げても元気なのはリリースするもののクーラーには息絶えたり風船?(口の中で膨らんでいる袋です。名前はなんて言うのでしょうか??)膨らんで潜水できなくなってしまった金魚テリが着々と増えていく。

 

見切りを付けて別の漁礁へ行くと今度はこんな反応。

落とすと一投目からアジ・サバの一荷釣り。 

マメ〜手のひらサイズの小型のアジがほとんどですが中には尺くらいのサバも混じるので結構いい引きが楽しめます。

そしてこの魚探の水深20mあたりのモヤモヤの中にもたまに良さげな反応が、なんだ?と思ってサビキを落とすとここには10cm程のイワシの群れが居るようです。

 

またジグでも投げて魚にタグ付けか!?

と期待してもダメですよ!私もうジグ持ってませんから!!全部ロストしちゃってますからね。。。

 

サビキでこのポイントの上をひたすら行ったり来たり、少しづつ小アジとサバを追加していきます。

 

そして午後2時頃になると風が強くなり始め、波も立ってきたのでこの辺でいさぎよく撤収!

 

いつもなら15分程で着く【椿⇔男鹿マリーナ】間、波風のせいで30分もかけての帰港となりました ;;

本命は釣れず!そして小型ばかりの釣果でしたがこれにて私、金田の2013年の実釣検分は終了(の予定)です。

 

 

≪次回予告≫ 「金田の実釣検分〜 寒さに負けず、ヤリイカティップラン!・・・の巻」 

 

ヤリイカのゲーム性重視の釣りと言えば去年伊藤さんも試していた「イカメタル」を使用した釣りが巷で話題になっているようでティップランで釣るというのはあまりないようですが・・・去年試したところイケそうな予感がムンムンと漂っていましたので今冬はティップランヤリイカ釣行記?挑戦記?で行こうと思います!!