釣れないコンビの実釣検分 〜11/17二日続けて朝日を仰ぐ でも結果は…!!の巻


 

今回写真は下の2枚だけ。

 

 

 

 

 

 


このコーナーをよくご覧になっている方はピーンと来たと思いますが、

 

 

「その通り。」

 

 

荒天が続き出港出来ない日が続いていましたが、やっと出港できそうな気配が出てきた11月15日の夕方、OはIにさりげなく話しかけました。

「明日の朝、風吹く?波高い?」勘の良いIはそれには答えず

「行きますか?私はいいですよ、何時集合ですか?」と答えてきました。

という事で、今回のターゲットはやっぱりアオリイカです。

 

16日の朝、6時半にマリーナ出港。

少し風が強いなと思いながらも釣り場はその割でなくいい感じ。

5日の休みの日に良い思いをしていただけに「釣れそうな気がする!」モード爆発です。

 

でも、結果は坊主。

 

「やっぱり水温下がってイカいなくなったのかな?」と話しながら海から出社です。

久々の好天で出港されるオーナーさんもそれなりに多く、午前の忙しい時間をやり過ごした後、事務所に戻り書類入れを見ると男鹿マリーナからのFAXが。

見てみると、

 

「金田の実釣検分」 

結果アオリイカ 32cm 1.57kg の文字が。

 

これって5日にばらした俺のイカだと思ったOは、自分で電話をせず、Iから金田チーフに確認してもらいました。

「名前書いてなかった?足切れてなかった?」と。もちろん答えはNo。

 

朝降ろした船が夕方帰ってくるので、クレーンによる上架作業を終わらせると、Oの心に何とも言えないむなしさと悔しさがこみ上げてきたのは、

釣り人だったら誰でも分かりますよね?

えっ、分からない?  おかしいな・・・・


あとから事務所に戻ったIにOは言いました。

「明日も波無いんでしょ?」 Iはそれには答えず、

「私はいいですよ。何時ですか?」

「じゃ、今日より早く5時半にしようか。」とO。

「明日は20cmのイカ一杯だけでいいです。」とI。

「金田チーフより大きいの釣りたいな。」とO。

「そういうこと言っちゃだめなんですって!」とI。

O、I、O、I、O、と取り留めのない会話がしばらく続きました。

 

17日の朝、6時にマリーナ出港。

少し風が強いなと思いながら釣り場につくと、昨日とは比べられないほど高い波と強い風。

とりあえず開始するも、口から出る言葉は「だめだな〜。馬鹿だよな〜。寒いな〜。」を何度言ったことか。

で、結果は皆さんの予想通り坊主

 

2日続けて!情けない。

 

ですから写真は2枚だけ。

写真期待した人には申し訳ございませんが、「自分で釣ってくださいね!」

 

「あ〜あ。竿しまおうかな〜。どうしようかな〜。ブツブツブツ」

ちなみにIは「早朝出勤、4連敗」で落ち込んでいます。