金田の実釣検分 〜9/28ティップランおそるべし・・・の巻


 

今年はアオリイカシーズン早々から【修行】と称してひたすら秋田港周辺のオカッパリエギングに通い詰めた金田です。

贅沢にアオリイカの一夜干しを食べたい! どうせ干すならそれなりの数が欲しい・・・

 

ということで9/28(土)、非常に珍しく早起きして仕事前に出港して来ました。

実は前日たまたま8時に寝てしまい、、たまたま朝4時に快調な目覚めをしてしまったので。

 

のんびりと男鹿マリーナへ向かい、これまたのんびりと準備して6時過ぎ、男鹿マリーナを出港です。

 

今日はいつものエギングとは違いティップランエギングにチャレンジです。

専用ロッドに0.5号の細いPEライン、そしてティップラン専用エギで挑みます。

バレーヒル スクイッドシーカー30g ピンク/マーブルテープ

 

アオリイカといったらポイントは根島周辺、いつもと違うのはちょっと深めの20m前後を狙います。

備蓄防波堤の先端付近から根島の暗礁に向かって0.5〜0.7ノットで流されていきます。

確実に着底させてから小さく7〜8回巻きジャクリ→着底、巻きジャクリを繰り返すこと数回、竿先に“コンッ”とアタリが出ました!!

すかさず合わせを入れると

胴長で15cmくらいのイカが腕1本でしがみついて来ました!!今日は氷もクーラーも持ってきていないのでとりあえずイケスへ。

そのまますぐにエギを落とします。

と! ここから怒涛の連チャンが始まりました。

着底→7〜8回巻きジャクリのたびに “コンッ”とか“ヌー”とか“スッ”とか“イヤン(えっ!?) といった言葉に表せない様々な種類のアタリが竿先に伝わってきます。 

 

今までのエギングにはない竿先にあきらかに見えるアタリ 超おもしろいです!

 

ある程度流れるとアタリがなくなったので再び先程のスタート地点に遡上します。

釣ってはたまに船内に吐かれる墨を洗って、また釣って、忙しくて写真を撮る時間も惜しい!!

 

そんなこんなで8時を回ったあたりで風が強くなり始め、エギの着底がわかりづらい・・・そんな状況で30分程粘ってみるもあきらかにペースダウン。

着底が分からずエギを回収していると、たまーに目視で見える距離まで追いかけてくるイカの姿も確認できました。

たぶんこれもしっかりと竿先にアタリが出てるんだと思いますが波風がある状況でアタリを取るのが非常に難しいです。こんな状況にも対応できるのかどうかで釣果にもグッと変化があるんでしょうけど・・・

ということで9時過ぎに男鹿マリーナへ到着、数えてみるとちょうど20杯!

ここまで釣果を上げれたティップラン、おそるべし・・・

従来のエギングで一番難しかった“アタリを取る”ということがいとも簡単にできてしまいますから。

未だティップランに手を出していないイカ狂いの皆様、これは試してみる価値アリだと思います!!

ちなみにひとつテンヤ用の竿でも代用できるとかなんとか(あくまで噂ですが・・・)

 

さて、大見栄きってスタッフに「好きなだけ持って帰って下さい」と言ってしまったけど私の手元には何杯の一夜干しとビールが待ってるのでしょう!!