伊藤の実釣検分 〜9/27イガっこ釣れてます!ティップラン編の巻


 

オーナーの皆様、こんにちは。秋田マリーナ伊藤です。

 

秋ですね。

 

以前、本荘マリーナでは秋になると、子吉川河口に南蛮漬けサイズのアジの大きな群れが沸いて、

 

アジの数釣りを楽しんだり、沖の漁礁に行く前のエサアジの確保など、

 

時には10艇以上のボートがひしめいて皆さんアジ釣りを楽しんでいられました。

 

それを見ていて一緒にアジ釣りしたくなり、仕事中に抜け出して良くアジを釣ったものでした。

 

 

コホン。

 

 

さて、最近は秋と言えば、カマス・・・

 

ではなく、私の頭の中はアオリイカが脳全体の95%くらいを締めているのですが、

 

 

去年買ったテッィプラン用の35gのエギが、1回も使う事なく今年に持ち越しになっていて、

 

 

北西の風4〜5mの今日は、

 

なんだか仕事を抜けてちょっとだけならアオリイカ釣りに行ってもいいカンジだな・・・( ̄ー ̄)フッ

 

仕事も手につかず、落ち着かず、いつもの新北防波堤は風向き的に無理なので、

 

沖の防波堤の方に行けたらいいなぁ

 

午後から仕事を抜けて、ちょっとだけ行って来てしまおう( ̄ー ̄)フッ

 

と午前中から思ってました。

 

 

そして、午後1時。

 

 

あれっおっかしいなぁ〜

 

どうしたんだろう???

 

絶対変だ!

 

 

という突然の意味不明な私の言動に他のスタッフがひるんでいた隙に、まんまと出港して来た訳です。

 

 

目指したのは南防波堤外側。

 

準備をしてディープ用のエギを真下に落とし込みます。

 

着底後、大きなアクションを数回入れ、そのままエギを泳がしアタリを待つ事数度。

 

アタリはないまま風に流されていきます。

 

そのまま流れて行くと、結構良い小魚の反応があり、水深も一気にグッと5m位かけ上がる場所がありました。

 

 

そこでエギを投入。

 

 

着底後、一度大きくシャクッたエギがまったく沈まずラインがたるんでしまったので、アタリか根掛かりかと一応アワセを入れてみたら、

 

 

やっぱり根掛かり・・・

 

 

と一瞬思ったすぐ後に、イカ特有の引きがグゥングゥンと!

 

 

えっ?えっ?と思いながらドキドキでリールを巻き、姿が見えたイカは今までで一番大きかった。

 

 

タモ網を探すも見つからず、覚悟を決めて抜き上げました。(やってみたら結構余裕でした・笑)

 

 

 

船上に墨を吹きまくられるかとハラハラでしたが、

 

 

まったく墨を吐く気配もなく、、、

 

 

興奮マックスの私が墨を吹きそうでした。

 

 

無事に締めてクーラーに入れ、

 

 

もう一杯!と同じ所を流しましたが、

 

 

オマケみたいなのが一つ釣れただけで、終了となりました。

 

 

計量してみたら、

 

 

胴長は24cmほどでしたが、

 

 

 

胴回り太く、730gは自分を褒めてやりたい釣果です。

 

仕事抜け出して行ってるので、褒められたモノじゃありません!

 

 

この後アオリイカ好きオーナーさんが、やはりテッィプランエギングで、

 

 

880gのでっかいアオリイカ釣られてました!

 

 

すごい!おめでとうございます!!(´−`)

釣り情報にも掲載しております。

 

釣りガールもアオリイカ釣れたみたいですよ!

 

浅い場所でエギングも楽しいですが、

 

良型狙えるティップランも、面白いですね♪

 

また天気が良かったら、行っちゃおう( ̄ー ̄)フッ