伊藤の実釣検分 〜5/28 赤い魚そのA初めてのシラセで初めての一人テリ釣り!の巻


 

テリ釣りは今まで3回ほど、マリーナスタッフの研修などで行った事がありました。

1年に1回のその研修で、なんとなくテリ釣りとはこういうモノという事は、知る事が出来ました。

 

今年3月、何を思ったか今まで一度も一人でした事が無いテリ釣りを、地元の1級ポイントシラセでやってみようと思ってしまい、何から始めて良いのかわからず取りあえず日光マリンでゴム磁石を買って船に装着したりしておりました。

 

時期が来て、

 

海も穏やかそうになったので、

 

初シラセに初単独テリ釣り(と書くと大げさだなぁ・・・)に行ってみようと思いました。

 

前々日に某スーパーで見切り品100円で購入した大振りなスルメイカで、

 

初めてイカタンを作り、食紅で染めるという作業もしました。

 

食紅が、液体でなく粉だという事も学びました・・・

 

それはさておき、

 

当日は東の風が穏やかで、波の予報も0.5m

 

シラセの何処に行けば良いのか前もって本荘マリーナオーナーの方にリサーチさせてもらい、

 

「この辺」と言われた北側のエリアに向かってみました。

 

使用する魚探は2周波ですが出力1KW。

 

果たして上手く映るのか心配でしたが、

 

 

なんとかバッチリ反応は取れ、

 

ゴム磁石にイカタンを装着した仕掛けを準備し第1投

 

 

程なくアタリがあり、ワクワクドキドキソワソワの長い巻き上げタイムで上がって来たのは、

 

 

大きなホッケ

 

 

小さなタラ(えっ!)

 

 

 

なんと30cmに満たないタラを釣ってしまいました。

 

 

とりあえず反応がいいので同じ所でまた仕掛けを落としてみると、

 

やっぱり小さなタラがたくさん釣れてしまうので、

 

100円のスルメイカじゃダメだ、やっぱり250円のにすれば良かった、と悔やみつつ、、、

 

反応探しの旅に出る事にしました。

 

途中反応があって仕掛けを落としてみると、

 

大きなホッケは釣れてくるのですが、

 

本命テリが釣れずウロウロ時間ばかりが過ぎていきます。

 

そんなある地点で、

 

大して良い反応でも無かったのですが、もうしょうがないって感じで仕掛けを落とすと、

 

 

初テリ釣れました。

 

 

 

その後もその近辺を何度も流している内に、

 

ポツリポツリとテリが釣れ、たま〜にホッケが釣れ、を繰り返し

 

  

 

 

もう帰ろうかという時にテリ17、ホッケ11、ソイ1の釣果になりました。

 

 

 

今年は情報ではどこもホッケ少なめでテリは釣りやすいようです。

 

奥が深そうな釣りですが、凪を見ながらまたシラセに行ってみたいと思います。

 

 

あ〜、初挑戦で釣れて良かった!(安堵のため息・笑)