伊藤の実釣検分 〜2/15 もう1回ヤリイカ!の巻


 

節分が終わり、立春が過ぎ、バレンタインデーも何事も無く無事にやり過ごしました。

こんにちは、秋田マリーナ伊藤です。

オーナーの皆様、寒い中ではありますが気持ちは海に向いていらっしゃいますか?

 

1月は地元の本荘マリーナより何度か出港する事ができ、ラッキーな事にヤリイカ釣果に恵まれて良い思いする事が出来ました。

例年2月半ばは本荘沖の魚礁はヤリイカ釣果が良いのですが、今年はアチコチの釣り情報でヤリイカ好調と出てて、実際良く釣れてるようです。

そんな訳でまた良い思いをしたくなった私伊藤は、休みだった15日(金)に海が凪いでくれたので、出港して参りました。

 

ヤリイカ釣りは色んな方法がありますが、私はイカ角仕掛けで狙います。

 

こんなやつですね。

 

  

 

私なりに色々見たり聞いたりした所によれば、「プラ角の長さは11cm」、「カンナ(傘状のフックの部分)は2段より1段」のものがヤリイカに良いようです。すごいネーミングの「おっぱいスッテ」も良いみたいですよ!(笑)

仕掛け全長が7m以上あったりして長いので、海中はもちろん船上でも自分の仕掛けがオマツリしないように注意が必要です。

 

西目沖の水深60mの魚礁、ウネリは若干ありますが風は弱く流れも緩やか、オモリは80号で期待の第1投。

 

 

やっぱり今年はヤリイカ良いようです♪

胴長38cmの良型でした!

 

その後も流れては潮上に戻り、魚礁周辺をゆっくり流れて釣っていきます。

 

午前中の時合に入ったのか、しばらくは面白いように釣れました。

 

 

 

オモリ着底後に1mほど巻き上げ、ゆっくり大きく竿が真上を向くくらいにシャクり上げ、2〜3回に分けてゆっくり今度は竿を真下に向けるように下ろしていきます。

その2〜3回の「間」を入れた時にヤリイカさんが乗る事が多いです。

 

釣れる時は置き竿でも釣れますけどね…(汗)

 

電動リールで巻き上げますが、かなりゆっくりの巻上げスピードで(私は一番遅くしてます)、竿は手持ちのままウネリの衝撃を吸収するようにしながら巻いていきます。

糸がたるむと、せっかく時間を掛けて巻き上げたヤリイカさんが外れてしまうので、取り込みはかなりスリリングです。

大分慣れては来ましたが、この日も船に上げるタイミングの水際で2杯、海に戻られてしまいました…

 

そんなこんなしながらソコソコに数も出て、風も弱まり流れがさらに穏やかになったので、

 

最近釣り雑誌に良く出てる「イカメタルゲーム」を試してみました。

 

興味のある方は「イカメタルゲーム」で検索してみて下さい。

 

この為にPE0.6号とそれ用のメタルスッテ75gを新たに買って用意して来たので、

是非とも釣ってみたかったのですが、

 

1投はカラ振り、

 

しかし2投目で

 

 

ヌーーンと乗ってくれました!

 

ティップランエギングみたいな感じ!?で釣りそのものはかなり面白いのですが、

流し釣りでするヤリイカは水深もあって、流れが早いと難しい釣りになりそうです。

 

効率を考えると、イカ角仕掛けの方が断然有利かなと思いました(笑)

 

このイカメタルゲームで3杯釣った所でまったくアタリが無くなり、

イカ角仕掛けに切り替えてもたま〜に当たるくらいとなり、終了としました。

 

この日は本荘マリーナから他に2艇のオーナーさんも来ていて、同じエリアでヤリイカ釣られていたようです。

 

 

帰港して数えてみると、午前中でちょうど30杯の釣果でした。

8時出港で13時半帰港。狙うなら午前中が良いようです。

 

最大で胴長42cm♪

 

 

 

釣りたてヤリイカの刺身は歯応えと甘みがあって、超美味ですよ!

 

 

私は特に耳(エンペラ)と足の刺身が美味しくておすすめです。

前回やった沖漬けも美味かったしなぁ〜♪

 

男鹿南磯の船釣りヤリイカも良いようですし、本荘のポイントもマリーナから15分ほどの近場です。

オーナーのみなさん、冬の美味狙って海で出てみてはいかがですか??(^−^)