マリの最新釣り情報

釣れないコンビの実釣検分 〜10/22こんなに真面目なのに…の巻


 

今回写真は下だけです。エエ、ご想像のとおりです。

 

 

今回のターゲットは旬のアオリイカ!

今年は異常なほど魚影(?)が濃く、初めての方でも2ケタ釣果が当たり前のように言われています。

勿論釣れないコンビも何度か出港し、2ケタ釣果も楽勝といった夢を見ていたことは間違いありません。

 

でも、

 

釣りガールのコーナーでご存知のとおり、我らが「釣りガール」小野さんにも釣果で一度も勝てておりません。

ある火曜の会社定休日には、20cm前後ばかり10数匹そろえた小野さんに、大高は7匹だったか8匹だったか?いずれにせよ完敗。

伊藤さんは同日1匹も釣れない飛島ジギングで疲れただけの1日となり「イカにすればよかった〜。」と後悔しても後の祭り。

 

こんな事も!

 

先日、大高がひとりで男鹿マリーナから出港したときなど朝の小一時間で良型5匹ゲット、他に2匹はリリース。

今日は釣れる!!とテンション上げ上げ状態に。

すると船外機の油圧ハンドルの油が抜けて舵が利かない状況に。

もちろんプロですからここは冷静に本当はどうしようかと少しは焦っておりましたが対応し、なんとかマリーナに帰港。

松橋モータースの社長さんにお世話になり再出港。

するとあれほど調子良かったイカさんの姿は無くなり、1匹も釣れないうちに風が強く吹き始め、私の技術では釣りにならず帰港。(日頃の行いが悪いのか?)

同日夕方、風が弱くなる予報だったので、わざわざ本荘から2時間もかけてやってきた伊藤さんと再出港。

この日の伊藤さんは調子良く、10数分で5匹連チャン。

イカを外す間に下げておいたエギにも乗ってきて、最高は胴長24cm、600g。

「来て良かった〜。」と喜びもつかの間、その後ぱったりと釣れなくなり終了。(ホントに突然のように打ち止めです。)

唯一の収穫はアオリイカの沖漬作ってみたことくらい。後日食べるのが楽しみです。

それと「でも、形いいから面白いよね。数少なくても。」というのは最近の二人の慰め文句。

数が少ないのか、腕が○○のか、トホホホです。

 

こんなことばかりですから、すでにあるコーナーでご報告させて頂いておりますように

 

「イカが気になって気になって仕方がない。」

 

のも釣りをされる方なら当然ご理解いただけるかと。

「そうです。そのとおりです!」我々コンビの仕事に掛ける熱心さの表れを!!

しかし、この熱心さが今回も空回りしたのは言うまでもありません。

 

出港は朝6時30分、男鹿マリーナ。

本荘から来た伊藤さん(今日は貴重な公休日なのに)は9時には男鹿マリーナを出発し帰らなければならない用事が本荘にある。

大高は風邪気味で病院に予約を入れてある。

当日の波の高さは1.5mのち2.5mの予報。

 

普通止めますよね?

 

やっぱり止めますよね?

 

本荘から2時間かけて、のどが痛くて苦しいのに、絶対止めますよね?

 

いやいや、止めないのですよ、釣れないコンビは。

すごく真面目で熱心だから。本当かな?

それと、今日は大釣りできると信じているから。

出港して10分程、根島に到着です。

波は1.5mくらい有りましたが実績のあるポイントで開始です。

1投目、底を取りシャクリ次の瞬間当たりが有りましたがリールを2,3回巻いたところではずれてしまいました。

これはいいねと2人で頑張りますがその後当たりは1回も無く、場所を移動すること2回。

その頃、船はほとんど流れない状況だったのでキャスティングしての釣りとなりましたが、ほどなく大高に本日1匹目が。

次に伊藤さんにも。

そしてまた大高に。これはいいなと思っていたら「風、変わりましたね。」と伊藤さん。

見る見るダシ風(船川では南東)が強くなってきました。

この風は直ぐに波が立ちますので今日のところは退散することに。

男鹿マリーナに着いたのは8時少し過ぎでした。

 

そして、結果は最初の写真のとおり。次は頑張ります。

 

いや、絶対釣る。 え〜と、たぶん、「釣れそうな気がする。」

 

相変わらず前向きな2人です。よしっ、次はタコ爆釣だ!