マリの最新釣り情報

金田の実釣検分 〜9/12アオリイカ開幕戦!の巻


 

9月12(水)今年は期待できると噂されているアオリイカを狙いに行って来ました。

午前8時、男鹿マリーナを出港、エギングの前にちょっと寄り道。

生鼻トンネル〜羽立漁港のあたりでスズキを狙ってルアーを振ってみる。竿を振り続けること1時間半・・・無反応、アタリもなし。

本命のアオリイカを狙いに沖堤防付近へ

 

ちなみにエギングロッドなどと言うお洒落な竿は持っていません、シーバスタックルと兼用です。

「リーダーだけ結び替えればオッケー♪」そんな軽いノリです。以前のシーバス釣行の後に完璧にマスターしたFGノットを船上で(なんなく)結びそれだけでちょっとした達成感。笑  

エギ装着!   エギ政3.0号 ピンク色

〜いざ水深13メートルにて第1投目〜

しっかり着底させてシャクシャクッ   ・・・   ヌーーン

早速抱いて頂きました。この独特の引き心地、言葉で例えると「ヌーーン」と言った感じでしょうか・・・気持ちいい!

 

1投目から胴長14cm!2週間ほど前に男鹿マリーナで見かけた群れは5cm程度だったのでまだ小さいと思っていましたが・・・十分成長しているようで期待大です!!

風はほぼ無風、船も全く流れない、そんな状況なのでとりあえず四方八方にエギをキャスト。船べりまでエギをシャクると2〜3杯追いかけてきて見えるイカとの戦いを楽しんだり、ちょろちょろと小移動をしながら釣れる場所を探してみたりと。

どこに行ってもコンスタントに、飽きない程度に釣れるので非常に楽しめました。

午後1時過ぎに納竿、約3時間で15杯、大きいもので胴長14〜15cm。 まだまだ新米の私には十分な釣果を得る事ができました。 

 

ちなみに今回エギは一度も替えることなく使用していたのですが、イカ墨にやられて黒染みだらけ・・・落とす方法はあるんでしょうか?