マリの最新釣り情報

「釣れないコンビの実釣検分 〜9/17やっぱりキスが好き!の巻


 

釣れないコンビ久々の出撃です!

と言うほど大それたことでも無いのですが、

我々釣れないコンビはこれでも結構、それなりに、まあ程々に忙しいのですが、

コンビ出撃を待っていてくれる?(そんなことは無いか)

ほんの一部の方のために行ってきましたよ。仕事の合間を縫って。

 

9月に入りパッとしない天候が続き、釣り情報もめっきり少なくなっていた昨今、

「このままではいけない。いつものように生の情報が必要だ!」

と、雨の空や風の海を眺め続けていた我々釣れないコンビは、出港の機会を虎視眈々と狙っていました。

勿論個人的にはメ○マ○ロをゲットしたりテ○大漁だったりとそれなりの釣りをしていましたが、何せコンビの出港がなかったもので。

今日は土曜日だというのに事前の天気予報が雨のため、あまりオーナーさんはお見えになりません。

しかし、雨と言っても時々パラパラと落ちる程度で思ったほどでもありません。

最近暇な0課長から伊藤に電話が入り、

「今日忙しい?」

と聞かれた伊藤は

「ホームポートの原稿があるのでそれなりに・・・」

と答えると

「貴方じゃなくてヤードの作業は?」

とのこと。

「今日は天気悪いのでそれほどでもないですよ。」

と答えると

「キス釣りに行かない?原稿は後で手伝うから。」

と半ば強制的に誘うものですから

しょうがないから行きますか!」

という事で久々のコンビ出撃となりました。

先週からキスの良型、数釣り情報が入っていたことから「釣れそうな気が」していたようです。

 

目的地はマリーナを出て北へ約500mの水深5mライン。

先に釣りをしていたオーナーさんから情報を仕入れると「小さなタイが邪魔をしてキスが釣りづらい。」との事。

それでも「釣れそうな気がする」二人ですから早速第一投開始です。

入れてすぐに当たりがあり上げて見ると  

 

 

情報通りの小ダイの猛襲です。去年のキス釣りの事を思い出した二人は直ぐに場所移動。

水深10mラインで仕切り直しです。すると今度は本命のキスが釣れてくるのですが15cm程度の小さなものがほとんどです。

 

たまに良型も来るのですが

 

ほとんどが小振りです。

「あの良型情報はどこに行ったのだろう。」と内心思いながらも当たりは頻繁にあるのでそれなりに楽しい釣りです。

「そのうちキスがヒラメやマゴチに代わるよな。」と例によって有るはずの無いたわごとを言ってみたり「キス小さいから作る人大変だよね。」と要らぬ気づかいをしてみたり。

まあそれはいつもの「釣れないコンビ」の会話です。

そうしているうちに500円分のエサも無くなり帰港となりました。

 

二人で5〜60匹くらいでしょうか。

 

 

もうじき落ちギスの季節となり型も良くなってくると思われます。

お手軽なキス釣りは結構楽しめますので行ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに暇な0課長からの電話は、朝早く一人でタイ釣りに行った海の上からでした。
(内緒ですが昨日、今日二日続けてタイは坊主です。笑)