マリの最新釣り情報

「伊藤の実釣検分 〜7/26飛島ツアーの偵察に・・・の巻


 

先日の7月某日、道川沖でマダイ釣りをしていて、なかなかの大きなサイズが掛かり、天秤を引き寄せ、ハリスを手繰り、魚が見えて、70〜80cmは確実にある魚体を見て「デカー!」と叫び、暴れて中々寄せられず、あと残り1ヒロか2ヒロまで来て、デカマダイを見事にバラしてしまった秋田マリーナ伊藤です。

 

いやー、釣りって面白いですね(悲)

 

さて、飛島ツアーも近づいてきた7月下旬、今年はあまり数多く行けてなかった飛島周辺の偵察に行って参りました。

マグロは跳ねているのか?

ブリワラ、ヒラマサは回遊して来ているのか?

カブラの大マダイは?

またマハタ釣りたいなぁ!

などなど、非常に都合の良い事を考えながら同乗M氏と二人、夜明けとともに本荘マリーナを出港。

飛島はいつものように我々二人を迎えてくれました。

 

 

 

早朝は青物ナブラ多く、何とか近づいてキャスティングし50cmほどのイナダ3本を釣り上げました。

そしてその後、かなり激しい通り雨をやりすごし、ゆっくりと島の周辺を探っていると、

5kg前後のマグロの跳ねを発見。

まとまりそうでまとまらない跳ねを追いまわし、同乗M氏とともに数回射程圏内に入ってキャスト!

いい所に入ったのですがヒットせず・・・ガックシ

ワタクシ伊藤に至っては、トリ君がヒットしてしまい、それを外すのに大わらわ。

 

 

同乗M氏は鳥インフルエンザを恐れ、手伝いに来てくれませんでした・・・

そうこうしている内にマグロは通り過ぎてしまい、午後の暑い日差しの中彷徨っていると

結構いい感じの青物ナブラを発見。

近づくと沈んでしまったのですが、エンジンを切って待つ事しばし、船のすぐ傍でまたナブラが発生しました。

 

 

まず同乗M氏がキャスティングし、ヒット。

朝からの流れでイナダのナブラかと思いきや、

「結構引く〜〜!」

と同乗M氏の声を聞いたワタクシ伊藤は、何も言わずM氏の足元にそっとタモを置いて自らもキャスティング。

ガツンをヒットし、フッキングさせると、朝のイナダとは明らかに違う強い引き。ドラグが出て行きます。

まずM氏が無事に取り込み、空いたタモが回って来ました。

何度か糸を出されながら数分後に上がって来たのは、

 

 

80cm、5.7kgのブリ!(バレなくて良かったです・・・)

 

同乗M氏も同じサイズでした。

本人の希望により、顔出しはご遠慮いたします(笑)

 

そんな訳で、飛島ツアーではマグロもブリワラも大丈夫そうで安心しました。ご参加の皆さんとのツアー、楽しみにしております。

年々飛島方面へ行かれる方が増えて来ているようです。道中が長くなりますので、皆様安全な航行を心がけ下さい。