マリの最新釣り情報

「大高の実釣検分 〜4/5久々の茶デリ釣り!!の巻


 

この度の東日本大震災により被害を受けられました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

今様々な形で震災の被害に遭われた方々に全国民から支援の手が差し伸べられております。私の息子も高校で義援金を出してきたそうです。1日でも早い復興が成されるといいですね。

震災に遭われた方の事を考えるとレジャーを控えるという考え方が広がっているようです。人により考え方は色々ありますが、その事で必要以上にお金を使わないと益々経済が冷え込んで雇用が無くなり、財政的に復興支援が遅れることもあり得るといった考え方もあるようです。

当社も3月一杯はフロントのみの営業とさせて頂いておりましたが、4月からは節電に努めながら通常通りの営業をしております。

 

前置きが長くなりましたが、私大高も3月の震災以降釣りは控えておりましたが、4月の通常営業に戻った事を受け早速茶デリ釣りに出かけてきました。

例年2月の中旬から始め、3月には最盛期を迎えるのですが今年は何かが違っています。2月に何度か出かけましたが、昨年に比べ女川周辺の茶デリは形の細かいのばかりです。あまりに面白くないのでやめていたのですが、状況は変わっているのでしょうか?

お客様情報をもとに仕掛けの種類を確認し出港したのが朝の6時半頃。目的の女川周辺は男鹿マリーナから近いのでゆっくりいっても約15分程度。ポイントにつき魚探で反応を探してみるとまずまずの反応が。

 

早速第一投目開始です。ほどなくして当たりが有り上げて見ると茶デリが4匹。しかし、2月よりはずっと良いのですがやっぱり小振りです。別な反応を探し、降ろしてみると今度は6本針全てに茶デリが付いてきたのですが、やっぱり形が良く有りません。反応は一つ所に止まらず移動しているので、探しては降ろし、探しては降ろしの繰り返し。確実に釣れるのですが形が今一つです。

 

良形を探して何カ所か大きく移動してみましたがそちらは魚影すらなく2時間ほどの時間ロス。

元の場所に戻る事にして釣り始めたのが10時頃。朝と同じような反応を見つけ仕掛けを投入すると当たりが。上げて見ると6本針全てに魚が付いていたのは同じでも、形が今朝より良くなっている。何度か繰り返してみましたが今朝よりは形が良い。3回ほど降ろしたらこれだけ釣れました。(竿は2本。この日は風が有ったので船がどんどん流されポイントに戻るのに時間がかかりました。)

 

 

12時頃、更に風が強くなってきたのと、小さめのクーラーは一杯になったのでこの日はやめにしました。18〜25cmくらいの茶デリが全部で70匹くらいでした。

今年は例年より少し遅めに盛期に入っているようです。シーズンはまだまだ続きそうですので皆さん出かけられてはいかがでしょうか?女川周辺のポイントでしたら男鹿マリーナからも近いですし、反応さえ見つけ仕掛けの種類が合えば数も期待できそうです。レンタルボート・オレンジピア(YF-23)もまだまだ男鹿マリーナで営業しておりますので、レンタル会員の皆様にもおすすめです。

今年も皆様のおいでを社員一同、お待ち申し上げます。