マリの最新釣り情報

「伊藤の実釣検分 〜飛島で投げ釣り!」の巻


 

6月22日(火)、今年は釣るぞ〜!と妙に気合の入っているワタクシ伊藤は、空まわり気味に梅雨空で見通しの悪い本荘マリーナより出港しました。

片道1時間の道のりを釣れるだろうか、またダメだろうかと思案しつつ程なく到着し、やはり鳥も魚の反応もあまりない島周辺のポイントへ到着して様子をうががいます。

 

 

 

しかしあまりいいカンジではなく・・・

魚礁にのってタイカブラをやってるとソイ君が「これでボウズは無くなったね!」と優しい目をしながら釣れて来てくれました。

 

 

このまま昼前になって、場所を移動。島の反対側へ向かってみます。

この日はスカっと晴れではないものの、海面にきれいに雲が映るほどのベタ凪

 

 

 

 

なんとなくモヤモヤ・マヤマヤしてる所を発見。青物っぽいナブラ・・・

 

 

そーっっと近づいて、ルアーをキャストしてみると!

 

 

なんと!

 

 

どどーーーーんと!

 

 

 

 

84cm、6.7kg≒7kgのブリをキャッチ!

 

その後、ミノー、キャスティングジグなど投げ続け、

 

投げて投げて、3〜4kgクラスのワラサをどどどーん!とキャッチしました。

投げたルアーを追ってくるのが見え、水柱と共にヒットするのも見えて、とても興奮します。

トリプルフックを後ろがガポッと丸のみ。

 

 

 

そんなこんなでマグロ釣りてぇ!と思いつつ行った飛島釣行ですが、完全に青物に狙いが切り替わってしまいました。(後日、それが裏目に出た事を知り、思い切り凹みましたが・・・)

 

筋肉痛と引き換えの釣果はブリ1本・ワラサ6本・優しいソイ1匹。

 

 

そんな飛島投げ釣り釣行でした。

 

8/7(土)〜8(日)、今年も飛島ツアー開催いたします。目いっぱいの釣り、楽しいクルージング、島に上がっての美味しい食事、皆様のご参加をお待ちしております。(まもなく参加要綱をご送付いたします)