マリの最新釣り情報

「大高の実釣検分 〜春のシンジョ(アイナメ)はヨメに食わすな!」の巻


 

GWは例年になく風が強く、出港出来ない日が多かったのですが5月4日になり、やっと風が収まりかけると終日ガスがかかって危険な状況。

翌5日もやはりガス。「最悪のGWだ〜」と嘆いていたら昼ごろからガスが晴れ、やっと本来のGWらしさが出てきたのだが、いかんせん今日がGWの最終日。

例年なら真鯛の情報もありマリーナ秋田のホームページは釣り情報で溢れ返っているはずだったのに・・・しかしながら夕方になり秋田マリーナオーナー艇が返ってくると「シンジョ・シンジョ・シンジョ」、しかも良型

 

この時私の心の中には

「これはイケル。」

「これなら私にも釣れるはず。」

「今年の実釣検分第一弾はシンジョの爆釣だ〜」

とよこしまな考えが湧いてきたのでした。

というわけで、又も仕事をそっちのけでシンジョ釣りに行ってきましたヽ(´Д`)ノヒャッホウ♪

 

朝7時半、ブルーピアをそそくさと降ろし出港の準備。

事務の女性から「今日は一人だから釣れますよ。期待してま〜す。」と妙なプレッシャーを掛けられ8時出港。

少しうねりはあるものの情報通りに第2ブイの沖に向かってまっしぐら。

写真のように寒風山と生鼻埼が重なるとちょうど瀬の真ん中辺。

 

周りの船を見ると瀬の東側に多く集まっている。「この辺か。」と狙いを定め準備に入りました。

 

今回使ったのは市販のアイナメ仕掛け、全長160cm2本バリ、下針の上30cmくらいの所にスプーンが付いたもの。

シンジョ(アイナメ)はキラキラが好きみたいで、ミラーやビーズなど結構派手な仕掛けが売られています。

もう5年くらいシンジョ釣りはやってないのだが、以前は二股を使って長いハリスの方にミラーを付ける程度でも結構釣れていたので市販仕掛けを使うのは今回初めて。ちょっと太めの青虫を5cm程度付けいざ投入です。

20号の重りで糸が出ていくいい流れ、

 

「これなら結構釣れるな。」

「大きいのが2本、一荷で釣れたらどうしよう。」

「シンジョの刺身旨いよな〜。」

 

頭の中をよぎるのは最高のイメージばかり。

で経過する事30分、当たりが無い・・・

更に30分やっと当たりが来たので合わせると、

 

ガーン!乗らない

 

5年ぶりしかも1時間も待っての初当たり、焦る気持ちが早合わせになってしまったのだ。糸を送ったところでもう遅い。

それならばもう一度今の場所へと船を動かすと「ホラ来た!」

今度は慎重に合わせ巻き上げてくるが「なんか違うぞ?」

釣れたのはホームポートで勉強したしっぽのふちが白いタヌキメバル。

 

「シンジョ釣れないのかな?考えてみると風は山瀬だな。鍋の魚も逃げるっていうもんな〜。」

「又釣れなかったって帰るのか。なんて言われるのかな〜」

などなど頭の中をよぎります。

 

気を取り直して船を動かし、もう一度流し始めると今度は明らかにシンジョの当たり。

 

しっかり乗って釣り上げたのは30cmほどの可愛い子ちゃん。

 

とりあえず坊主を逃れた喜びが沸々と湧いてきたのは言うまでもなし。

 

その後、5匹を追加して今日の所は終わりとしました。

 


第2〜3ブイの沖に行くには、第1ブイを過ぎたら男鹿の市役所の白い建物を目標に20ノットで約20分弱程度。

今年は例年より型が良いような気がします。

まだまだ釣れそうな気配ですので「春シンジョ、嫁に食わすな。」と言われるほど、この時期最高の食味のシンジョ釣り。

出かけてみてはいかがですか。