マリの最新釣り情報

「伊藤の実釣検分 〜飛島周辺のワラサ・ジギング!」の巻


 

先日NHKの「にっぽん釣りの旅」で、飛島周辺のジギングでのワラサ釣りが紹介されたそうです。(残念ながら私は見ることができませんでしたが)

しかしながら11月中旬ころから、確かにジギングでのワラサ釣果が、時にはブリやヒラマサも混じりながら絶好調らしく、活性が高くなって来るとそれはもうお祭り騒ぎのように釣れるらしいとの情報を聞き、チャンスがあれば行きたいなぁと思っておりました。マグロがいればもっといいなぁと思いつつ・・・

12月1日は天候も良く海も凪、今年最後のチャンスと思って飛島まで行って来ました。

朝は好天による放射冷却で海から湯気があがるほど寒い中の出港でした。

 

 

 

 

 

朝一番はマグロが居ないだろうかと飛島の近くに向かってみました。

曳き釣りをしている島の漁師さん達の船が10隻ほどもいたでしょうか。しかしながらトリはまったくいず、魚探も見ながら周辺を探って行っても、ほとんどまったく魚の気配が無い状況。

魚探には海底しか映らず、試しに何度かジグを落としてみても何も掛からず、マグロは諦めて少し飛島から離れたポイントに移動してみました。

 

反応を探しながら良さそうな所でジギング開始です。

序盤はあまり食いも良くない状況でしたが、グリーンゴールドのジグで4〜5回高速で巻き上げて1度大きくロッドをシャクるアクションをするようになってからアタリが続くようになりました。

 

 

 

立て続けにヒットが続くような感じで、まさにお祭り状態です。

そんな状態が続き、息も上がり・・・

腕と肘がパンパンになってしまって昼飯休憩にしました。

ちなみにリールのハンドルを廻す指の皮も剥けました・・(^-^;;

 

サイズは平均して60〜70cm、3〜4kgクラスでした。どうやらヒラマサは混じっていないような感じ・・・

ブリ〜!、ヒラマサ〜!と叫びつつ昼飯後のスタートを切りましたが、

時合いでしょうか、ほとんどアタリはなくなってしまいました。昼飯休憩前にも増して痛む腕と肩、そして腰・・・

日没が近づき、サイズアップは諦めて帰港となりました。

 

しめて釣ったワラサは13本。

 

当日のタックルはPE3号、ショックリーダー60ポンド、ジグは120〜180gのセンターバランスタイプ、一番アタッたジグのカラーはグリーンゴールドでした。

 

さて、、、

来年で40代に突入するわたくし伊藤は、今回のような過酷な体力勝負のジギングはそろそろ卒業し、、、

来年からは電動ジギングを志してみようかなと、、、、、、

思っております。

 

帰宅後、握力もほとんど無くなってしまい、缶ビールをなかなか上手く持てずに大変でした・笑