マリの最新釣り情報

「伊藤の実釣検分 〜重ーいジグは、四十肩のもと!」の巻


 

飛島周辺に釣りに行くようになって今年で4年くらいでしょうか。

6/16(火)は仕事も休み。

天気予報は波0.5m。

今年初めて飛島に釣りに行こうと思い、前日から慌ただしく、しっかりと仕事はしながら準備を進めて行きました。

 

マグロがバシャバシャ跳ねてたらどうしよう!!

 

と思うと仕事は手に付きませんでしたが。。。

 

 

早朝本荘マリーナを出港。鳥海山を見ながら1時間あまりで飛島へ。

 

 

 

 

 

沖合の方に鳥山が見えたので近づいて行くと、

マグロではなく青物のナブラのようでした。

 

 

 

 

 

中々まとまらないナブラ・・・

それでも近くに湧いた時キャスティング。

 

 

案の上ワラサです。

太仕掛けなので容赦なく巻き上げました。

 

 

 

ナブラは拡散していつしか無くなり、なのでポイントに戻り、反応があればジギングを。

腕が痛くなって来た頃、ズシンといいアタリ

 

 

先ほどよりも良いサイズのワラサをゲット!!
(上クチビルの角が丸いのでヒラマサでしょうか!?)

ジグは某オーナー様より頂いた手作りの物。初使用で実績を出せました〜

午後から風が強くなり、波も出て来たので夕刻前の早目の帰港となりました。

ジグで仕留めた方は腹回りも太く、今の時期にしては脂が乗ってそうです。

 

しかしながら、210gのジグを半日も振り回していると、、、

腕と肩が・・・

特に、

 

左腕が痛くて肩より上に上がらない・・・

 

四十肩とはこんな感じなのでしょうか・・・トホホ

 

飛島までは本荘マリーナから約23マイル、秋田マリーナからだと43〜44マイルでしょうか。

青物やマグロから、マハタなどの底物まで幅広く狙える好フィールドで、北側のシラセではテリのポイントも多数あり、定期船が通っている港はいざと言う時の避難港にもなります。

この夏は、釣り宿に泊まりながら島の観光(海水浴場もあります)や釣り三昧はいかがでしょうか?

秋田マリーナ〜飛島1泊のツアーも企画中です。その際はご参加をお待ちしております。