マリの最新釣り情報 「金田の実釣検分 〜新礁のテリは、デカかった!」の巻

 

入社2年目、金田です。

ボート免許は昨年1級を取りましたが、実はボートフィッシングと言うものは今まで未経験でした。

今回、ワタリノテリという爆釣するかも知れないテリ釣りに、僕と、これまたテリ釣りはほとんどした事がないという伊藤ヤードマスターが、大高ハーバーマスターに連れられて6/9にテリ釣りに行って参りました。

 

「ワタリノテリとは何だろう??」

 

と言う疑問は最後まで聞けませんでしたが・・・

 

朝4:00男鹿マリーナへ集合。3時起床は人生新記録かも知れません。

 

早朝の男鹿マリーナ

 

準備をして出港。

操船は伊藤ヤードマスター。そして僕は後ろのデッキでコンビニで買ってきた朝メシを食べる事にしました。

朝4時過ぎに海上で食べる、コンビニのカルボナーラは絶品でした。

 

 

ほどなくして、新礁へ到着。魚探にはまあまあの反応もあるとの事。

大高ハーバーマスターに仕掛けの説明を受けながらセットするのを手伝ってもらいます。オモリがデカイ!重い!!


 

 

オモリを投げ入れ、無事に仕掛けを投入し、リールから糸がドンドン出て行きます。140mほど下には濃い反応があるんですが・・・

釣れて来るのはホッケばかり〜

 

 

 

この日はホッケの活性が高く、「ワタリノホッケ」を釣りに来たのかと思うくらい仕掛けを入れてはホッケ、仕掛けを入れてはホッケ、またホッケというホッケ爆釣dayだったようです。

ところが数投目、

念願の本命をダブルでゲット!!

 

思わず…

 

 

当日は海況も良く流れも穏やかだったので、この後は反応の手前で仕掛けを投入し、ホッケの反応の下のテリまでそのまま流れて行くという作戦に変更して、ホッケに交じってテリも釣れるようになりました。

 

仕掛けを投入して一服
こんな反応に当たると…


テリが!
大きなテリが!!

 

 

午後の日差しも傾きを増した頃、海はさらに凪ぎ、アタリも止まって来ました。これにて終了。

 

ベタ凪の午後
ホッケは良く乾いた。
この日の釣果

テリ21 ホッケ多数 テリは30cmオーバーを多数含むデカいテリばかりでした!!

 

 

持ち帰ったテリは、「釣った魚を美味しく食べよう!」でも紹介している、テリの昆布締めにして食べます!!

夕方5時の帰港、お疲れ様でした!