マリの最新釣り情報

「フロント女子チームの実釣検分 〜サワラ・キャスティングゲームに目覚める!?」の巻


 

最近秋田マリーナの事務所から寒風山側を見ると、鳥山がたっているかのようにカモメが飛んでいるのが見えていたんですが、今日は特に鳥たちの活性が高く、また出港されていたオーナーさんから、「サワラがたくさんいる」と聞き、サイズも大小さまざまとの事。

ちょっと風が強かったのですが、本日秋田マリーナフロント女子チームによるサワラの実釣検分とあいなりました。

私伊藤が舵を取り、まずは石井さんと出港です。

 

 

マリーナを出てすぐのところ、たしかに鳥がたくさん飛んでいました。

鳥山になってる所を目指してボートを進めます。

そしてさすがにカヨワイ女子チームはキャスティングは出来ないので、伊藤がキャストし竿を渡します。

そして巻き上げてると早速ヒットしました!

 

 

 

 

ちょっと小ぶりですが、カヨワイ女子チームにはちょうど良いサイズ。

がしかし・・・

 

石井さん、お酒も飲まないのに酔っ払ってしまいました。。。

 

それでも何とか釣りは続き、、、

 

 

 

 

船上の針外し、血抜きという作業も忙しくなって来ました。

しかし石井さん、やはりギブアップという事で一旦帰港。

 

そして選手交代の小野さんが乗船し再び鳥の舞う海へ・・・

 

 

 

そんな訳で二人で釣ったサワラは11匹。

いやー女子チーム、すげーな。。。

 

釣ったサワラはすべて綺麗におろされました。そこまでやるのもさすが女子チーム!

 

という事で、

今後もサワラのように跳ねる秋田マリーナ・フロント女子をよろしくお願いします。

 

 

追記

釣れないコンビは先日、マダコ釣りに出掛けておりました。